更新頻度が大事なんだってお話。WEB漫画の始め方その5

Pocket

こんにちは。KYKYです。

皆さんは「ザイオンス効果」っていうものをご存じでしょうか?

心理学で使われる用語で、接触回数が多い程親近感がわく心理です。


例えばクラス代え。
最初は話さなくても、毎日毎日顔を合わせていると仲良くなっていきますよね?

あれのことです。

人間は何回も接触したものに対して好意的になっていくのです。



漫画で例えてみます。

週間雑誌と月刊雑誌、人気があるのはどちらでしょうか?


大体の人が週間雑誌を思い浮かべたと思います。

無論連載している作品の質もあります。
でもこのザイオンス効果の視点で見ると、
週刊って月刊よりも大きなアドバンテージがあるんですよ。

一ヶ月に1回しかキャラに出会えない月刊誌。
対して一ヶ月に4回もキャラに出会える週刊誌。

接触する回数が多ければ多い程、親近感が湧くザイオンス効果。

週刊誌のキャラの方が、ひいては週刊誌の漫画の方が人気が出やすいんですね。


これは漫画雑誌の話ですが、WEBで連載するWEB漫画も同じです。


例えばあなたが100ページの漫画を描いたとします。

それを、一年で100ページ分を一回アップするのか。
あるいは10ページ毎に分けて一年で10回アップするのか。

後者の方がいいわけです。

一年で一回だとそもそも記憶に残りません。
接触する回数が一回しかないからです。

対して一年に10回更新する場合。
読者は10回もその漫画に接触するわけです。
なので記憶に残りやすい。


WEB漫画の大きな強みは更新スピードです。
印刷所で印刷して全国に配送して~という
手順を踏まなければいけない漫画雑誌に比べて
WEB漫画は描いたらアップするだけです。

印刷、配送という手順がないので
その分更新スピードを速くできるのです。

ならこのWEB漫画の強みを最大限活かしましょう。


更新スピードを速くする。

多少クオリティが落ちてもいい。
ページ数が少なくなってもいい。

とにかくこまめに更新することで、読者の記憶に刻まれます。
記憶してもらえればまた読んでもらえます。

せっかくインターネットを使って配信するのですから
ネットで発表できるWEB漫画のメリットを出していきましょう。

今50Pのネームを描いているのであれば
25Pずつに分割できないか考えてみましょう。

また更新頻度を上げることで
「一話アップできた」という自己のモチベーションを
保つことにも繋がります。

仮に一年に一回しかアップしなかったら
反応貰えるまでの道のりが長すぎて
孤独に耐え切れなくなるでしょう。

エッセイ漫画やギャグ漫画を描いている人は
一日1Pのショートギャグを毎日更新するという手法を使う人がいますが
かなりインターネットに適しているスタンスだと思います。

ストーリー漫画なら1Pずつ更新しても読みにくいだけなので
最低限のページ数は必要ですが…w



ザイオンス効果を上手く使い
読者を増やしていきましょう。



前回の話:ネットで漫画を発表するとこんなメリットがある!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。