普通のカラオケに飽きたあなたに超絶盛り上がるカラオケバトルを教えます

Pocket

みなさんこんにちは。
KYKYです。


時に皆さん、
カラオケはお好きですか?

NO!という方はこれからお話しする情報は
何の役にも立たないのでブラウザバックしてください。

YES!という方にお聞きします。
普通のカラオケに飽きてませんか?


「いや!全然そんなことない!」
という方にも役に立たない情報なので、
ブラウザバックを推奨します。


「う~ん、確かにカラオケ行っても毎回同じでマンネリ気味だなぁ」
というあなた!

僕が友達とカラオケ行った時にやっている、
超絶盛り上がるカラオケバトルの遊び方があるんですよ!
それをいくつか紹介しますね!
ぜひ友達とやってみてください!



その1:記憶力バトル


~ルール~

1.好きな曲を入れます。
2.自分の番が来たら、画面を見ずに後ろを向いた状態で歌います。
3.他の人に歌詞をチェックしてもらい、歌詞を2回間違えたら強制終了。
4.1番をミスせず歌い切った場合1点、2番以降もミスなしで1点。
5.フルで歌い切った場合、更に2点貰えます。
6.ノーミスでフルで歌い切った場合、更にボーナスで3点上乗せされます。
7.何周するか決めておいて、終わった時点で一番高い点の人が勝ち。



要するに歌詞を見ないで歌えるか?
を問うバトルです。
やってみるとわかりますが、人間って全然歌詞覚えてないんですねw
僕の場合、2番の歌詞は出てくるけど1番が出てこない…が頻繁に起こります。

2回間違えた時点でそっ閉じされるので、もうすぐサビ…というところで切られると「ああああー!」となって超楽しいですw

また、DAMの「歌い切りまショー!」とかと組み合わせても面白いですね。




その2:リクエストバトル



~ルール~ 

1.じゃんけん等で歌う順番を決めます。
2. 採点を入れます。
3.右隣の人が歌えそうな歌を入れます。
4.自分の番が来たら、左の人が入れてくれた歌を歌います。
5.採点を競います。
6.得点の高い人が1点ゲット。先に5点ゲットした人の勝ち。


ぱっと見よくある採点バトルなんですが、
ミソなのは歌を自分で決めるのではなく、
他人に決めてもらうという点。

「おい!俺この歌知らねーんだけど!?!?」
「あれ…?こないだ歌ってなかったっけ???」

「あー!これ得意!さっすがよくわかってるじゃないかキミ!」
「先輩が前歌ってた時、上手すぎて感動したんすよwオナシャス!」

みたいな状況によくなりますね。
ちなみにルールとして「自分が知ってる曲を教えてはダメ」です。
その人が何歌えるかわかってしまいますからね。

知らない歌を入れられてしまった場合気合で乗り切りましょうw

ただしメンバーが初対面だとノーヒントの
無理ゲーと化してしまうのでこの遊びはオススメしません。

仲良し同士のメンバーでやりましょうw




その3:持ち歌死守バトル



~ルール~

1.採点を入れます。
2.自分の好きな曲(持ち歌)を入れます。
3.同じ曲を残りのメンバー分入れます。
4.曲を歌い自分がメンバー中一番高い点数なら1点獲得。
5.誰かに抜かされてしまった場合、自分以外の全員に1点入ります。
6. 何周するか決めておいて、終わった時点で一番高い点の人が勝ち。


自分の持ち歌を死守するバトルです。
まず自分の持ち歌を入れて、残りのメンバーも同じ曲を歌います。
誰かに自分の得点を抜かれてしまった場合、
自分以外の全員が1点獲得してしまいます。
自分が一番採点の点数が高かったならば、ようやく自分のみ1点入ります。

例えばAくん、Bくん、Cさん、Dさんの四人でやるとします。
Aくんが「サザエさん」を入れて80点を取ったとしましょう。
この時Bくんが81点、Cさんが78点、Dさんが79点ならば、
Bくんに抜かれているので

Aくん…0点
Bくん…1点
Cさん…1点
Dさん…1点


と、こうなります。
得点ではAくんより低かったCさんDさんにも点が入ります。
無情。

仮にBくんとCさんとDさんが85点…
つまり全員がAくんよりも高得点を取ったならば

Aくん…0点
Bくん…3点
Cさん…3点
Dさん…3点


とこうなるわけです。
Aくん大ピンチですね。


誰かに抜かれてしまったら一気にピンチになるので
いかに持ち歌で高得点を死守するかがカギになります。
マイナー曲を入れてしまうのも作戦のうちでしょう。
ただしカラオケの採点って結構いい加減なんですよねw
その曲全く知らないのに雰囲気で歌った友人に、
自分の持ち歌の点数を超えられて「ムギャアア!!」となるのはよく見る光景。




その4:しりとりバトル



~ルール~

1.採点を入れます。
2.曲を入れます。
3.次の人は前の人が歌った曲の最後の文字から始まる歌を入れます。
4.1周した時点で、全国平均よりも最も高い点数を取った人に1点が入ります。
5.何周するか決めておいて、終わった時点で一番高い点の人が勝ち。



曲名でしりとりしつつ高得点を狙うバトルです。
曲名は英語のものもありますので、
そういう場合は日本語に直してもOKとするとやりやすいです。
例えば「you」で終わる曲なら日本語で「ゆー」なので、
「ゆ」もしくは「u」から始まる曲で良い…という感じで。

もちろん誰かが1度歌った歌は禁止です。

ポイントは「一番高得点の人」ではなく、
「一番全国平均よりも高かった人」に得点が入ることです。

Aくん…全国平均70点の歌で80点を取った → +10
Bくん…全国平均85点の歌で90点を取った → +5

上記の場合、得点自体はBくんが上ですが、
全国平均よりも10点高い点数を取っているAくんの方が勝ちということです。

これにより、しりとりという限られた曲数の中で、
いつ自分の最もまともに歌えるであろう曲を投入するか?
というゲーム性が生まれます。

当然曲のレパートリーが狭いと
「また り から始まる曲ゥ!?ヤバ!もう知らないし!」
となってしまうので日ごろから歌える曲を増やしておきましょう。

またゲームの性質上、長期戦になればなるほど
「普段歌わない歌を歌っている友達の姿」
が見れるのでそこがこのゲームの面白いところです!

「お前がそれ歌ってんの今まで聞いたことねーんだけど!」
「いやあ、もう歌えそうなのこれしかなくてさ」


ちなみに「ん」から始まる曲も何曲かあるので、
いざというときの為に練習しておくといいですよ!

「ん」攻めされた時の対策になるんで!(筆者がよくやられる)




その5:カラオケ一番勝負



~ルール~

1.採点を入れます。
2.全員が知っている曲をメンバー分入れます。
3.一番だけ歌い、その得点で勝負します。
4.一番得点が高かった人の勝ち。



曲の一番のみを歌って優劣を決めるバトルです。
一番を歌い終わった時点で、他のメンバーが曲を中断させてあげましょう。

前提条件として「全員が知っている」歌を入れるので、
誰がこの歌が一番うまいかがハッキリしますw

また一番のみなのでサクッと回していけるところもポイントですね。
自信がない歌が入っている場合、順番を後の方に回してもらって
メロディを覚えるという作戦も効果的です。
逆にあまり歌えないなら開き直って後続が不利になるように、
めちゃくちゃな音程で歌い「間違ったメロディを植え付ける」
というメタ作戦もいいでしょう!




こんな感じで僕がよくカラオケでやってるバトルを紹介しました!
個人的おすすめは「その3:持ち歌死守バトル」です。
超絶盛り上がるんでぜひやってみてください!


ちなみに上記で紹介した遊び方は歌が上手ければその分有利です。
負けたくねえ!なんとしてでも勝つ!という根性ある人は、
世の中にはこういうボイストレーニング器具もあるので、
試してみると勝ちやすくなるかもしれませんね!




レパートリー増やすのであれば色んな曲を聴けるこちらもいいかも。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。